発毛と遺伝

脱毛はよく遺伝すると言われています。これは本当のところ、事実なのでしょうか。脱毛症の中には男性ホルモンが影響を及ぼす男性型脱毛症というものがあります。

これは5α-リダクターゼが男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンを作り出すと言われています。男性型脱毛症は自分一人で解決できる問題ではありません。症状が現れ始めたら急いで医師に相談することをお勧めします。

この男性型脱毛症ですが、起こるか起こらないかは遺伝による影響が強いと言われています。

この5α-リダクターゼが活性化された遺伝子を受け継ぐことによって、子供も男性型脱毛症になりやすい体質になります。逆に言えば脱毛が遺伝するという話はこの男性型脱毛症にかかりやすいか否かがほとんどを占めることになります。男性型脱毛症以外の脱毛症状に関しては遺伝することはなく、自分の努力次第では解決することができます。

男性型脱毛症に関してはアンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容体の感度が高い方もこの症状が起こりやすくなります。この受容体は母系の遺伝子を受け継ぐために、母親の系統に薄毛の方がいる場合はこの症状が起こりやすくなるため注意が必要になります。

これらの症状は医師の診断を受けることによって改善することが可能になっています。頭皮の環境を整えたりするだけでは良くはならないので注意が必要です。また、進行性の症状でもあるので、早期の相談がとても大切になります。