血液と栄養と髪の毛の関係

髪の毛を生やすために、血液と栄養は切っても切れない関係となっています。今回は髪の毛と血液と栄養の関係について紹介していきます。

人間の髪の毛は頭皮から伸びている部分に加えて、頭皮の中に隠れている毛根部分が存在します。この毛根部分は毛球と呼ばれ、髪の毛が成長するためには欠かせない部分となります。毛球の中には毛細血管と隣接している毛乳頭、および毛乳頭に隣接している毛母細胞があります。基本的に毛乳頭が毛細血管から栄養素を受け取り、毛母細胞に成長の指示を与えます。

つまり、髪の毛が成長する上で重要となる部分は毛細血管から栄養素を受け取ることができるかということになります。薄毛、抜け毛が発生しやすい方はこれがうまく行われないことが考えられます。

一つは頭皮の汚れによって毛乳頭が毛細血管とうまくコンタクトをとることができないこと。もう一つは血液に十分な栄養素が含まれていないために、髪の毛を成長させることができないということです。特に、頭皮にある毛細血管は人間の活動において重要性が低い部分になります。栄養素は先に臓器などの重要な器官へと運ばれるため、髪の毛への影響が第一に起こりやすくなります。

髪の毛が伸びるのは成長期になりますので、栄養素が少ないことは成長期が短くなることに繋がります。このことにより、髪の毛と血液、栄養には大きな関係があることになります。しかし、一度抜けても再び生えるのが髪の毛です。あきらめないことが大切です。