育毛剤の効果

育毛剤は頭皮に化学物質を加えることによって発毛しやすい環境を作り出し、体内から環境を変えていこうとするものです。物質や効果は育毛剤によって大きく異なるので注意が必要です。

まず発毛には頭皮環境の整備と栄養素がまず必要とされます。育毛剤の中には血行促進型と呼ばれる頭皮の毛細血管を広げるものがあります。これに大きな影響を与えるのがミノキシジルと呼ばれる成分です。

血行が良くなることで毛乳頭が毛細血管にうまく結合することができるので、髪の毛の成長に必要な栄養素を受け取ることができるのです。これとは別に男性ホルモン抑制型と呼ばれる育毛剤も存在します。

薄毛、抜け毛の原因にAGAがあります。これは男性ホルモンの一種であるテストステロンが5α-リダクターゼに還元されることによって原因物質を作り出します。男性ホルモン抑制型はテストステロンが還元されるのを防ぐ役割があります。男性型脱毛症を発症している方には効果がありますが、原因がそうでない方は使用しても効果が得られないことがあります。

また、ホルモンに影響を与える育毛剤なので、ごくわずかながら副作用を発症する場合もあります。それ以外の育毛剤には皮脂分泌を抑制するタイプや細胞を活性化してくれるタイプも存在します。

自分の薄毛、抜け毛などがどのような原因で発生しているかを理解した上で使用しないと効果が得られないことがありますので注意が必要です。頭皮環境を整えるシャンプーとは併用が可能です。