生活習慣の悪化と発毛の関係

髪の毛と人の体は大きな関係があります。いわば髪の毛は人間の体調を表す一つの指針とも言えるのです。脱毛の種類は人によって様々です。

遺伝により起こるものもあれば男性ホルモンが原因で働くもの、またストレスや栄養不足で発生するものもあります。今回は生活習慣の悪化による脱毛について紹介していきます。生活習慣は脱毛の原因となるのですが、これは栄養素が不足していたり、ストレスが溜まったりしていることが挙げられます。

体内に吸収された栄養素は血液によって全身に運ばれることになりますが、これらは体を構成する上で重要な器官から優先的に運ばれることになります。髪の毛は優先度が比較的に低いために栄養素が不足していると髪の毛まで栄養が行き渡らなくなります。また、ストレスは頭皮の毛細血管を収縮させ、毛母細胞と毛細血管との栄養の受け渡しがうまく行えなくなります。

しかし、逆に言えば生活習慣を改善するだけで髪の毛は再び生えてくることができます。最近では育毛剤とは別に頭皮の環境を改善させてくれるシャンプーなどもあります。これらを使用することによって髪の毛の生えやすい頭皮環境を作ることができます。

育毛剤とは異なり、ホルモンなどへの影響もないので、予防の意味を込めて使用することもできます。ストレスが溜まっていても栄養が不足していても髪の毛は成長してくれないことがあります。それだけ髪の毛はとてもデリケートな部分ということになります。