脱毛の原因は成長期の短縮

髪の毛が常に成長をしています。

薄毛や抜け毛になりがちな人も髪の毛が少しずつ伸びていることに変わりはありません。薄毛や抜け毛が起こっている人は症状によって発生する周期も異なってきます。髪の毛が成長する期間である成長期の脱毛は、主にストレスが原因であると言われています。症状としては円形脱毛症のような部分的に抜け落ちるのが一般的です。

また、薬剤による脱毛症もこの成長期の毛に影響を与えます。休止期の脱毛症は男性によく見られる症状です。AGAと言われる男性型脱毛症は主に思春期以降の男性に見られます。これは男性ホルモンが大きな影響を与えることによって発生します。男性ホルモンは思春期以前は体の成長に影響を与えるため、脱毛するケースは少ないのですが、思春期以降では非常に発生しやすくなります。

このAGAは成長期の期間が短いために髪の毛の量が少なくなってきます。本来2年~6年の成長期をもつ髪の毛もAGAなどの脱毛症を患っていると数ヶ月~1年で終了してしまいます。結果として抜け落ちるスピードも速くなり、成長速度が抜け落ちる速度に追いつかなくなってしまいます。AGAの場合は自分の力で対処できるものではなくなります。

重要なことは早期に気づいて治療を行えるかどうかです。この症状は遺伝による影響が大きいため、両親の家系でAGAを持っている人がいた場合は注意が必要です。しかしながら早期の治療で改善することは可能となっています。