女性にも発毛の悩みは存在する

髪の毛の悩みは男性に多い症状です。これは遺伝によるものや、ホルモンが影響するものが多いためです。しかしながら、それを除く脱毛症に関しては男性も女性も同じくらい起こりやすくなっています。

女性の脱毛症の原因としてあげられるのが、ホルモンバランスの悪化とストレスになります。どちらも男性に比べれば女性が発症しやすくなっています。

ホルモンのバランスに関しては女性が特に悩みがちな症状です。妊娠や出産、育児のストレスによって女性ホルモンはバランスを崩しやすくなります。これによって髪の毛にも影響を及ぼすケースがあります。大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンによく似た構造をとっており、摂取することでホルモンのバランスを整えてくれます。

男性によく見られる男性型脱毛症は男性ホルモンによる影響だと分かっていますが、女性にも少なからず男性ホルモンがあるので、症状が気になりだしたら早めの診療が必要になります。また、ストレスなどによる脱毛症は女性の過度なダイエットなどでよく見られる症状です。

脱毛の原因にストレスと栄養の欠如が挙げられますが、ダイエットはこの両方を引き起こす行為になります。食事制限によるダイエットは栄養を摂取することができず、髪の毛の成長を阻害することになります。ダイエットをするなとは言いませんが、しっかり栄養を摂取し、適度な運動を行うことによって脱毛症を防ぐことはできます。日頃の生活が重要と言うことです。

発毛にも再生医療