男性ホルモンは髪の毛の成長を阻害する

男性ホルモンによる脱毛症として知られるAGA。今回はこのAGAが影響を与えるメカニズムについて紹介していきます。男性ホルモンの中にはテストステロンという物質があります。

このテストステロンは筋肉増強や性欲の向上など、男性の成長に必要とされる重要な物質でもあります。思春期以前においては成長に関わる非常に重要な物質であります。このテストステロンは単体では脱毛症の原因になり得ません。AGAになる際は5α-リダクターゼが大きな影響を及ぼします。

5α-リダクターゼは頭皮に存在する還元酵素で、テストステロンと結びつくことによってジヒドロテストステロンという物質に還元されます。このジヒドロテストステロンが実は男性型脱毛症を引き起こす原因物質になります。ジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体に作用することにより、毛の成長期を短縮させてしまします。誰でも持ちうるものなのに発症する人としない人が存在するのはいくつかの理由が存在します。

一つは5α-リダクターゼの活性度が個人によって異なるためです。これは遺伝による影響が大きいために、両親の家系でAGAを発症している方がいると注意が必要なります。もう一つはアンドロゲンレセプターの感受性です。

これはジヒドロテストステロンが作用する場所になり、直接的にAGAを引き起こす部分でもあります。この感受性が高いほどジヒドロテストステロンの作用を受けやすくなり、AGAを発症しやすくなります。

HARG療法の口コミ